世界のビールを味わおう!
日本のビールと海外のビールは何が違うのか?

種類が豊富

日本のビールはほとんどがピルスナータイプと言われるもので、後は黒ビールが少しある程度です。実はこれはビールの中でもほんの一部でしかありません。

世界のビールはピルスナー以外にも様々な種類があります。日本のビールが苦手でも世界のビールには飲めるビールがあるでしょう。また、日本のビールが好きな人も世界の新たなビールを知ることで、またビールの奥深さを知ることが出来ます。

味が全く違う

日本のピルスナーとは違う製法を使ったビールの味は全く異なると言っていいでしょう。これがビールか?というカルチャーショックを受けることも多いです。ビール酵母の香りを存分に楽しむことができます。

色が異なる

日本のビールといえば色はだいたい決まっています。
しかし、海外には白いものやブラウンのものなど色が豊富です。グラスについでまずは色を味わってみてください。

原材料が異なるものも

日本のビールは大麦を使用しますが、海外には小麦を使ったホワイトビールと言われるものもあります。

専用グラスがある

海外の有名ビールには専用のビールグラスがあるものも少なくありません。日本のビールはいわゆる「ジョッキ」で飲みますが、海外のビールは「ジョッキ」では味わえないタイプのものもあり、例えばワイングラスのような形の方がより味わえるタイプもあります。さまざまなタイプのビールグラスを集めるのも面白いものです。